Top > コンサート情報

updated  2018-05-09

随時掲載依頼を受け付けています。無料です。
希望の方はメールで送信お願いいたします。
web@jat-home.jp
アマチュア、プロフェッショナル、全てのトロンボーン吹きの為の情報です。
お気軽にドンドン宣伝してください。

  • 下記の項目を参考にメールしてください
    • 1)日時、2)イベント名、3)場所(可能ならURL)、4)時間、5)出演者、
    • 6)曲目(作曲者/曲名の順)、7)料金、
    • 8)必要あればメッセージ、必要あればプロフィール、必要あれば動画(YouTubeリンクでお願いします)
    • 9)問い合わせ(可能ならURL)、10)画像あれば添付(pdf以外ですと助かります)
    • 11)その他なんでも自由にどうぞ(演奏会や出演者の詳しい内容やこだわりなど)

後援名義使用の申請の場合はこちらのQ&Aをご覧下さいこちらLinkIcon

コンサートなど情報

Concert information

2018年5月9日(水)

MUZAスペシャル・ナイトコンサート90 5月

Slide Monsters
feat. 中川英二郎、ジョゼフ・アレッシ、
   マーシャル・ギルクス、ブラント・アテマ
[4Trombones]

ミューザ川崎シンフォニーホール

https://www.kawasaki-sym-hall.jp/

19時開演(18時30分開場)

スライド・モンスターズ

トロンボーン
中川英二郎、ジョセフ・アレッシ
マーシャル・ギルクス、ブラント・アテマ

曲目
中川英二郎/トライセンス
小曽根真/アジアンドリーム
バーンスタイン/「ウエスト・サイド・ストーリー」より
マーシャル・ギルクス/コールセンス
ドビュッシー/映像 第1集より「水の反映」


料金
全席指定
一般 3,500円(ミューザ川崎友の会会員 3,150円)
U25(小学生~25歳)1,000円

世界的トロンボーン奏者によるスーパーユニットが誕生!
常に新しいものを発信し続ける街、ニューヨークをルーツに持つ4人が、
クラシック、ジャズ、コンテンポラリーなど、
ジャンルの枠を超えた「その先に」お連れします。

全世界の金管奏者が憧れ、トロンボーン界のトップに君臨し続けるジョゼフ・アレッシ。 26歳で世界的名門ニューヨーク・フィルハーモニックの首席奏者に就任。その後、32年に渡って首席を務めているほか、国際トロンボーン協会の会長を務めました。「トロンボーンの神様」とも称され、名実共に最も有名なトロンボーン奏者と言って過言ではありません。

中川英二郎は、16歳でリーダーアルバムを収録し 21歳で読売日本交響楽団とソリストとして共演。現在TVや映画など日本で聴こえるトロンボーンの音の7割以上は彼の音である、と言われるほどの厚い信頼と人気を兼ね備え、近年は東京交響楽団、新日本フィルハーモニー管弦楽団などとの共演も重ね、唯一無二の存在として飛び抜けた存在感を放っています。2016年サマーミューザのフィナーレ公演でシルクレット作曲のトロンボーン協奏曲で大喝采を浴びたことも記憶に新しい。この2人が初めてタッグを組み実現するユニットは、なんとトロンボーン 4本だけ!最もシンプルな編成で、トロンボーンの可能性を最大限に拡張します。

マーシャル・ギルクスは、ニューヨークのジャズシーン最前線で活躍するジャズ・トロンボーン奏者。名門バークリー音楽院で教鞭を執っているアメリカ随一の実力者です。

ブラント・アテマは、オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団のバストロンボーン奏者。ヨーロッパ屈指のトロンボーン奏者で結成されたアンサンブル「ニュートロンボーンコレクティヴ」のメンバーでもあります。この2人は世界のアレッシが「今最も一緒に演奏したいトロンボーン奏者」として猛プッシュ。アメリカ、ヨーロッパ、日本の最前線で活躍する4人が奇跡的に集結し、この4人にしかできないアンサンブルを繰り広げます。


問い合わせ

https://www.kawasaki-sym-hall.jp/calendar/detail.php?id=2245&y=2018&m=5

スライド・モンスターズのメンバーによるワークショップ[クラシック⇔ジャズ]
催決定!

2018年5月4日(金・祝)15:00開始 

ミューザ川崎シンフォニーホール
https://www.kawasaki-sym-hall.jp/wakuwakumuza/event/slidemonsters/

2018516日(水)

Collin 4 Trombones + 3

Jazz Spot J


開始時間:19:30~ 21:30

テーブルチャージ:500 
ミュージックチャージ¥2,500(学生¥2,000)

郡恭一郎、須賀裕之、海江田紅(trombone)
堂本雅樹(bass Trombone)
上長根明子(piano)
牛山健太郎(bass)
佐竹尚史(drums)


「シエナ・ウインド・オーケストラ」のレギュラーメンバーとしても長年活躍している「郡恭一郎」の他、須賀裕之、海江田紅、堂本雅樹といった4人の活躍中のトロンボーン奏者が勢揃いします。トロンボーンの華やかな競演が楽しみです!


*良いお席を確保したい方はあらかじめ予約しておくことをオススメします。

予約 n.w.e@jazzspot-j.com

または電話03-3354-0335でどうぞ

2018年6月19日(火)

『練馬の会』東京公演
〜若手トロンボーン奏者10人によるアンサンブルコンサート〜

練馬文化センター小ホール(こぶしホール)

西武池袋線練馬駅、都営地下鉄大江戸線練馬駅北口徒歩1分
18時30分開場 19時開演

出演
今村岳志
折田春果
黒木良太
鈴木真実
中川亜美
長谷川貴大
正富由香
松永遼
丸田和輝
宮原健輔

プログラム
S.フェルヘルスト / HIROS
A.ピアソラ / リベルタンゴ
久石譲 / スタジオジブリ メドレー
C.M.シェーンベルク / レ・ミゼラブル メドレー
…他

チケット
学生2000円、一般2500円
当日共に+500円
問い合わせ先
nerimanokai_trombone@yahoo.co.jp

2018年6月20日(水)

Trombone Ensemble COLIN 7回コンサート

ルーテル市ヶ谷センターホール


開場 1830
開演 1900

チケット
一般 ¥3,000 学生 ¥2,500

問合せ
080-2722-8975(川野)

colin20180620@gmail.com

主催:Trombone Ensemble COLIN

後援:日本トロンボーン協会

<出演者>
郡恭一郎、牧田大助、西岡基、轟木敬、酒井陽介、
海江田紅、小林由梨香、須賀裕之、沼尻卓也、川野智博、
宮崎美穂、松原尚平、岡田大和、水島さやか、尾崎麻佑子


1部>
・フランス組曲(F.Poulenc/J.Minami)

CANZON primi toni(G.Gabrieli)

Trombone OctetG.Jacob)

・地質調査(M.Albam

2部>

・スカラムーシュ、Scaramouche(D.Milhaud/J.Minami)

・フランキー&ジョニー

・ボスコロスコ

・メキシカンマンデー

・線路は続くよ(T.Pederson)

・ポザウネンシュタット!(E.Ewazen

「シエナ・ウインド・オーケストラのトロンボーン奏者、郡 恭一郎を主宰として2006年に発足したプロの大編成トロンボーンアンサンブル。大編成ならではの厚く美しい響きを追求し、オリジナルやアレンジの両作品は勿論、ジャズ系の要素も積極的に取り入れた、幅広くかつ、とても楽しめる演奏が特徴。毎回着実にファンやリピーターを増やしている。7回目になる今回の演奏会も大いに楽しみである。」

2018.6.27(水)

BACK BONE Special LIVE with 川嵜淳一(tp)

横浜パラダイスカフェ

(横浜市中区住吉町6-72 シャンローゼ関内B1)
☎︎045-228-1668
http://www.paradisecafe2001.com/
開店 18:30
開演 19:30

tb.arr.leader.加藤Billy 真弘
tb. 相川等(オルケスタデラルス)
tb.岩堀たかとし
tb.vo.山縣真梨子
btb.小泉邦男
g.樋口征宏
b.河本奏輔
d.熊丸久徳
tp.guest.川嵜淳一


曲目
Street life(Joe Sample)
Just the two of us(Bill Withers)
Lovin' you(Minnie Riperton)
など。

チャージ4000円(税込・飲食代別)



世界唯一無二の5本トロンボーンFunkSoulバンド。2000年から活動開始。アレンジャー兼トロンボーンプレイヤーの加藤Billy真弘氏による5オクターブにわたる金管トロンボーンアレンジが特長で、迫力あるサウンドをお楽しみください。Micheal Davis(tb),エリック宮城(tp),Allen Hermann(tb),Tom Pierson(p),Dennis Rollins(tb)etc...世界のプレイヤーをゲストに招き、賞賛を受けております。



☎︎045-228-1668(パラダイスカフェ)
Back Bone live
予約メール backbone.live.reserve@gmail.com

2018年6月28日(木)

Trombone Ensemble「BACK BONE Quintet 」at Curry Shop PAPERA

新宿御苑前PAPERA

(東京都新宿区新宿2-8-1新宿セブンビルB1)
☎︎03-3350-0208
http://currypapera.moo.jp

開店 18:30 / 開演 19:30

出演者
tb 加藤Billy真弘
tb 山本 靖之
tb 古川 諭t
b 山縣 真梨子
Btb 阿久津 達也


6)曲目
サンサーンス/動物の謝肉祭、などの有名クラシック曲から、
Burt Bacharach/Close to you
Matt Dennis/Angel Eyes、など
ポップスやジャズ曲まで。

7)料金、
チャージ2000円(飲食代別)
クラシックオーケストラのプレイヤーと、ジャズやファンク等小編成プレイヤーの混合トロンボーンアンサンブルユニット。

☎︎03-3350-0208(パペラ)
live予約メール
backbone.live.reserve@gmail.com

2018年8月18日(土)

神田めぐみ&沢野智子デュオ・コンサート

米欧で活躍する実力派トロンボーン奏者&ピアニストの華麗なる共演

タワーホール船堀 大ホール

(都営新宿線船堀駅より徒歩1分)

アクセスwww.towerhall.jp/4access/access.html
14時開演(13:30開場)

単身渡米、幾多の困難を乗り越えて02年ミルウォーキー交響楽団首席奏者に就任し、名実共に全米トップの女流トロンボーン奏者として活躍する神田めぐみ。

ピアニストとして世界の一流演奏家より絶大な信頼を得るだけでなく、管楽器コレペティトールとしてヨーロッパ全土で高い評価を受ける沢野智子。

この二人が日本で巡り合い、初のデュオ・コンサートを開催します。これまでの「リサイタル」の概念を超えたトロンボーンとピアノの華麗なるアンサンブルにご期待ください。

【プログラム(予定)】
サンドストルム/ロタの歌
J. Sandström/Sang Till Lotta for trombone and piano

シュレック/ソナタ
S. Sulek/Sonata for Trombone and Piano

ラーション/コンチェルティーノ
L.-E. Larsson/Concertino for Trombone

ミルズ/レッド・ドラゴンフライ<日本初演>
A. R. Mills/Red Dragonfly-Sonata for Trombone and Piano

他、日本初演曲を含む

全席指定
一般・大学生・専門学校生:3,000円
日本トロンボーン協会員:2,500円(予定)
学生(高校生以下):2,000円 (未就学児入場不可)

♥ 以下のサービスがご利用できます
(要予約、本ページ末尾に記載のお問い合わせ先へお申し込みください)
・託児(有料)
・車椅子席


<一般販売>
平成30年4月より以下で販売を予定しています。
● タワーホール船堀 (ボックスオフィス/Web)5月1日販売開始予定
● チケットぴあ (Web)4月3日より
● イープラス(Web)4月4日より
*予約のみで完売が見込まれる場合は、上記一般販売を取りやめ、もしくは縮小することもございます。

お問い合わせ:詳細
神田めぐみ&沢野智子コンサート実行委員会 090-3766-9753(岡山)
megutomo2018@yahoo.co.jp
詳細はこちら>>>

1975年名古屋生まれ。10歳よりトロンボーンを始める。 13歳よりトロンボーンを三輪純生氏(NHK交響楽団、桐朋学園)に師事。

1993年 「第1回日本トロンボーン・コンペティション」第1位、日本吹奏楽協会会長賞受賞。 1994年に桐朋女子高等学校音楽科を卒業後、渡米。

クリーブランド音楽院にてジェームス・デサーノ氏(クリーブランド管弦楽団首席トロンボーン奏者)に師事。 1997年に同音楽院を首席で卒業後、ニューヨーク州アルバニー交響楽団首席、ロチェスター・フィルハーモニー管弦楽団、及びイーストマン音楽学校講師を経て、2002年よりミルウォーキー交響楽団首席奏者を務める。

リサイタル、コンチェルトなどのソロ活動やマスタークラスなども精力的に世界各地で行っており、ミルウォーキー交響楽団、プラハ室内管弦楽団、米国軍楽隊などをはじめとする数多くの楽団とソリストとして共演している。委嘱作品も多く、国際トロンボーン・フェスティバルにも定期的にゲストとして招かれている。

レコーディングでは、ビクター・エンタテインメントからソロ・アルバムが3枚とコンサートライブ録音の「マニフィーク・ライブ」がリリースされ、著書ではオーケストラ・スタディの教則本 「The One Hundred」がアンコール出版社から出版されている。 これまでにアリオン音楽財団からアリオン賞奨励賞を受賞、また在シカゴ日本国総領事からも表彰され, 2017年にはミルウォーキーで最も影響力のある女性としてビジネス・ジャーナル誌から表彰されている。 プライベートでは3男と3匹の猫の母としてホルン奏者の夫、ディートリッヒと奮闘中。 趣味は庭仕事
未設定
使用楽器はGreenhoe GC4-1R。

ドイツ・ベルリン在住。
東京生まれ。3歳よりピアノを始める。
東京音楽大学付属音楽教室、付属音楽高校、同大学にて三浦捷子氏、清水和音氏に師事し、
1992年、ピティナピアノコンクール特級にて3位入賞を果たす。
1993年に渡独し、ベルリン芸術大学(旧西ベルリン)にて、ライナー・ベッカー氏に師事。

在学中の1995年、スペイン、バルセロナで開催されたマリア・カナルス国際ピアノコンクールにて、ディプロムを受賞する。

高校在学中からアンサンブル演奏に熱心に取り組み、実践経験を重ね、単なる「伴奏」に留まることなく、演奏上において、欠かす事の出来ないパートナーとし ての役割を重要視する。まさしく共演者と一体化したように感じさせる高いアンサンブル能力と瞬時に反応できるフレキシビリティー、さらに確固たる音楽観を 併せ持ち、共演者の音楽性を最大限に引き出すテクニックは常に高い信頼と評価を得ており、全世界の著名な演奏家からのリサイタル、演奏旅行、CD録音など へのオファーは、枚挙に暇がない。

その他にもマルクノイキルヒェン国際音楽コンクール(ドイツ)、ミュンヘン国際コンクール(ドイツ)、フィリップ・ジョーンズ国際コンクール(フラン ス)、国際トロンボーンフェスティバル(デンマーク)、PMF音楽祭(札幌)、モンドニェード講習会(スペイン)、チューバマニアフェスティバル(タイ) など、世界各地のコンクールや講習会から公式ピアニストとして招待され、その中で「ベストピアニスト賞」を多数受賞している。
更には、1998年より管楽器科コレペティトールとしてベルリン芸術大学、ベルリン音楽大学、フランツ・リスト音楽院(ワイマール)において主に金管楽器 奏者の指導を担当。数多くの生徒が国際コンクールで1位入賞を果たすなど、その指導力も極めて高い評価を受けている。

これまでの主な共演者
Flute:
Andrea Lieberkneckt (Soloist)
Henrik Wiese (Bayerischen Rundfunks solo)
Oboe:
Nick Deutsch (soloist)
Celine Moinet (Staatskapelle Dresden)
Clarinet:
Wenzel Fucks (Berliner Philharmoniker)
Arno Piter (Royal Concertgebouw Orchestra in Amsterdam)
Fagott:
Ole- Khristian Dahl (Soloist)
Dag Jensen (Hochschule für Musik und Theater, Hannover)
Trumpet:
Gabor Tarkövi (Berliner Philharmoniker)
Tamas Valenczei (Berliner Philharmoniker)
Frits Damrow (ex.Royal Concertgebouw Orchestra in Amsterdam )
Horn:
Stefan Dohr (Berliner Philharmoniker)
Robert Langbein (Staatskapelle Dresden)
Sabolcz Sempleni (ex.Bamberger Symphoniker)
Premysl Vojta (KonzerthausOrchestra Berlin)
Trombone:
Joe Alessi (New York Philharmonic)
Jörgen van Rijen (Royal Concertgebouw Orchestra in Amsterdam)
Charly Vernong (Chichago Symphony Orchestra)
Stefan Schulz (Berliner Philharmoniker)
Euphonium:
Steven Mead (soloist)
Tuba:
Øystein Baadsvik (soloist)
Jens Bjørn Larsen (soloist)
Sergio Carolino (Porto Symphoniy Orchestra)
Steve Rosse (Sydney Symphonie Orchestra)
Walter Hilgars (ex. Wiener Philharmoniker)

随時掲載依頼を受け付けています。無料です。
希望の方はメールで送信お願いいたします。
web@jat-home.jp
アマチュア、プロフェッショナル、全てのトロンボーン吹きの為の情報です。
お気軽にドンドン宣伝してください。

  • 下記の項目を参考にメールしてください
    • 1)日時、2)イベント名、3)場所(可能ならURL)、4)時間、5)出演者、
    • 6)曲目(作曲者/曲名の順)、7)料金、
    • 8)必要あればメッセージ、必要あればプロフィール、必要あれば動画(YouTubeリンクでお願いします)
    • 9)問い合わせ(可能ならURL)、10)画像あれば添付(pdf以外ですと助かります)
    • 11)その他なんでも自由にどうぞ(演奏会や出演者の詳しい内容やこだわりなど)

後援名義使用の申請の場合はこちらのQ&Aをご覧下さいこちらLinkIcon