Top

updated  2018-12-18


日本トロンボーン協会公式サイトへようこそ!

協会主催のアカデミー&フェスティバル、若い演奏家の登竜門「コンペティション」(高校生以下であれば年齢制限なし)、大学生の為の「学生音楽コンクール」(学生証が発行されればどのような学科でも参加可能、年齢不問)、一般の方の為の「コンペティション、一般の部」(どなたでも参加可能、年齢制限無し)、カルテット部門(どなたでも参加可能、年齢制限無し)などイベントの主催、トロンボーン関連コンサート情報などの紹介をし、内外トロンボーン界の相互交流をはかり、また会員の要望に応えられる窓口として我が国の音楽文化の向上に資することを目的とします。


新着コンサート・イベント情報&更新履歴
アマチュア、プロフェッショナル、ジャンルを問わず、どしどし情報お寄せください
*日付はアップデートした日です
掲載依頼はこちら>>>

2018年度 コンペティション・コンクール

Competition Concours 2018

2018年度 
日本トロンボーンコンペティション
日本トロンボーン学生音楽コンクールレポート



2018年度の日本トロンボーンコンペティション/日本トロンボーン学生音楽コンクールは、以下の日程にて実施され、全部門滞りなく終了したことをご報告いたします。

■日本トロンボーンコンペティション
≪高校生以下の部/独奏部門≫   
20181021日(日)昭和音楽大学 ユリホール 他

≪一般の部/独奏部門≫
≪四重奏部門≫
20181118日(日) 管楽器専門店ダク スペース“Do

≪学生音楽コンクール≫ 
予選
20181110日(日) 管楽器専門店ダク スペース“Do
本選    
20181118日(日) 管楽器専門店ダク スペース“Do


 毎年この言葉を繰り返す様ですが、全ての部門に共通で「いったい、この人達(参加者)はどこに潜んでいたの?!」と言うのが、コンペティション運営委員と審査員全員の感想です。

 コンペティションと学生音楽コンクールは「日本国内のトロンボーン音楽振興と若い優秀な人材育成」を目的に開催しておりますが、その意味では、高校生以下の部門では国内各地から若い優秀なトロンボーン奏者が参加してくれている事、また、一般部門ではトロンボーン演奏を愛してやまないトロンボニスト、そして、学生音楽コンクールには将来“プロ”としての活動を目指し勉強をしている学生の皆さんの参加を得ている事は、日本トロンボーン協会として大変意味のある活動が出来ていると思います。

 また、各部門の審査には10名以上の審査員を配しておりますので、公平かつ絶対的な平均値での評価がされている事は間違いなく、参加者の皆さんが審査後の評価を自身の勉強の結果を確認できる数値的素材とされ、その時の一喜一憂に留まらず更なる高見を目指す目安とされている事も伺えます。
 特にここ最近ですが、以前に比べ審査結果集計を見ると、上位から下位までの点数に大きな開きがでない傾向が見うけられます。これは、参加者の皆さんの実力が非常に接近している事に加え、しかもその演奏レベルが間違いなく高くなっている証拠と言えるのではないでしょうか。協会として非常に喜ばしいことと思っています。

 高校生以下の部門での上位入賞者の演奏は非常に素晴らしく、このままソロの演奏会を開催しても全く遜色ない程のレベルでしたが、今回は入賞に至らなかった方々の演奏も、今後に期待せずにはいられない方が多数おりました。

 一般の部は「トロンボーン演奏が出来る方」と言う参加条件の為、現在プロで活躍されている方からアマチュアながら活発な演奏活動をされている方までご参加を頂きました。その演奏には心を魅了される演奏もあり、これがコンテストの場でなければ思わす“ブラボー”と声が掛かると思いました。

 四重奏部門では、暗譜で演奏した団体が2団体あり、サウンドは勿論、音楽的な表現にいたっては相当な練習を重ねられた事が伺えます。

 学生音楽コンクールでは課題曲が設定されておりますが、この部門でも予選段階から相当な練習を重ね、しっかり勉強されている事が伺えます。審査員からは「もっとピアニストとのサンサンブルに気を使ってほしい」と言う講評もありました。

 今年度、≪高校生以下の部/独奏部門 ≫の特別審査&特別演奏は199911月の第6回コンペティション第3位に入賞した清水真弓氏をお招きしました。現在は南西ドイツ放送交響楽団首席トロンボーン奏者、ライプツィヒ音楽大学講師など、ドイツのみならず世界的に活躍しているプレイヤーです。プログラムもL.モーツァルトのアルトトロンボーン協奏曲、無伴奏でE.クレスポのインプロヴィゼーション第1番、参加者たちもよく取り上げるボザのバラードと、多彩な音楽のアンサンブルをピアニストの松本伸章氏と聴かせてくれました。トロンボーンの最大の魅力の一つは、多彩な音楽を表現できることだと改めて見せつけられた思いです。彼女の演奏を生で目の前で聴いた高校生の方々には、新たな目標としていただけたら幸いです。

 それぞれの部門の第1位入賞者の方々は2019317日(日)に開催されるトロンボーンアカデミー&フェスティバルでの入賞者披露演奏会で演奏をしていただきます。コンペティション・コンクールから更に勉強を重ねた若者たちの演奏が楽しみです。

最後になりましたが、コンペティション・コンクールにエントリーいただいた出演者の方々、ゲスト演奏の清水真弓様、松本伸章様、また、ご協賛を頂いた各楽器関係企業の皆様、会場提供いただいた昭和音楽大学様、運営協力を頂いた尚美ミュージックカレッジ専門学校様、その他多くのご協力を賜りました関係各位の方々に厚く御礼申し上げます。
 ありがとうございました。

コンクール・コンペティション実行委員会




これまでのレポート>>>

第25回 日本トロンボーンコンペティション

<高校生以下の部/独奏部門 >
2018年10月21日(日)


入賞者のコメントと写真をアップしました。

詳しくはこちらへ>>>

第5回日本トロンボーンコンペティション

<一般の部/独奏部門>

2018年11月18日(日)12時〜

入賞者のコメントをアップしました。



詳しくはこちら>>>


第12回日本トロンボーン学生音楽コンクール

<大学生の部/独奏部門 >
2018年11月10日(土)【予選】
2018年11月18日(日)【本選】


入賞者のコメントをアップしました。

詳しくはこちら>>>

第4回日本トロンボーンコンペティション

<四重奏部門>

2018年11月10日(土)

入賞者のコメントをアップしました。


詳しくはこちら>>>

トロンボーン ピース・オブ・ザ・イヤー 2019

Trombone peace of the year 2019

募集要項

後援:日本現代音楽協会
日本トロンボーン協会は、下記のとおり作品を募集する


今年度は締め切りました

■ 楽器編成
トロンボーン独奏、 トロンボーンとピアノ、 2名〜8名のトロンボーンアンサンブルのいずれか。
トロンボーン音楽の振興を目的とし、演奏会などで広く取り上げられる内容を期待する。

■ 演奏時間
8分程度 10分以内

■ 作品提出期限
2018年11月30日(金)必着

詳しくはこちら>>>

第20回
トロンボーン・アカデミー&フェスティバル 2018

Trombone Academy & Festival 20th 2018

近日詳細発表
2019年3月16日(土)、17日(日)

東京都北区滝野川会館

(JR京浜東北線 上中里駅徒歩7分or東京メトロ南北線 西ヶ原駅徒歩7分)
〒144-8534 東京都北区西ヶ原1-23-3
Tel:03-3910-1561
アクセス>>>

主催:日本トロンボーン協会
共催:公益財団法人 北区文化振興財団

詳しくはこちら>>>

"A SONG FOR JAPAN"
(Steven Verhelst)

日本に捧ぐ歌(S.フェルヘルスト)
恒久的な活動&限定オリジナルTシャツ、ステッカーグッズ募金

日本中のトロンボーン吹き
トロンボーン・ファン、音楽ファンのみなさま

 日本トロンボーン協会では"A Song For Japan"の理念に賛同し、提携協力し日本国内で活動します。2011.3.11の東日本国内大震災では多くの方が犠牲になり、未だに避難生活を送っていらっしゃる方がたくさんいらっしゃいます。継続したグッズ募金を致します。また、チラシを自由にダウンロードでき、自由に印刷して、配布する事もできます。どうぞご協力お願い致します。

"A Song For Japan"についてLinkIcon
申し込みについて詳しく見るLinkIcon
このチラシをご自由にダウンロードし、印刷し配布する事をできるようにしました。全国各地で恒久的にこのASFJが続けられるようご協力くださいLinkIcon

updated  2018-12-18

会報第110号発行のお知らせ。
10月末に会報110号が発行になりました。前号に引き続き24ページの増ページ版となっております。来年3あつ16日17日開催が決まりました「第20回トロンボーンアカデミー&フェスティバル」の開催案内に始まり・・・25回目となる高校生以下のトロンボーンコンペティションの速報。めでた入賞した高校生達の笑顔がはちきれそうです。理事会のご報告。そして今回の突撃インタビューではジャズ界においてユニークな編成と演奏で注目を集めている橋本佳明氏率いる「ハシヤンプロジェクト」のメンバーに突撃しました。音楽の事、楽器の事、アレンジの事、貴重なお話が飛び交います。全国の会員紹介コーナー!今回はあの人にズームイン!乞うご期待!!いつもの連載でお馴染み!内田光昭氏による「トロンボーン秘密基地」今回はアドリブで使うブルーノートの使い方、そして「枯葉」のアドリブ紹介。アカデミア・ミュージックの鎌田氏の「楽譜って面白い!」今回はアーサープライヤーの未発表作品をご紹介。常任理事の大塚氏の「一押し名盤紹介」今回はブラスロックの「シカゴ」をご紹介。新連載、比嘉一博氏による「沖縄の音楽の現場より」では氏が趣味とする写真で沖縄の自然の美しさも見ものです。萩谷氏の「萩谷克己の気ままにエッセイ」。アレキサンダーテクニーク佐藤氏の「役に立つ話??」。長野雄行氏の「レッツ・トライ・アンサンブル」。三塚知貴氏の「レッツ・スウィング・トゥギャザー」。等々、今回も全部見せますトロンボーン!!読みた〜いという人は今すぐ、日本トロンボーン協会ホームページへGo!!」

詳しくはこちら>>>

ITF(国際トロンボーンフェスティバル):2020年・日本での開催が決定!!
世界一のトロンボーンフェスティバル、アジア初開催です!!
みなさまのご支援ありがとうございました!!

ITF2020Japan準備委員会執行部で資金面などの精査などを行い、ITF本部へ、実現へめけてのプランと開催に向けての意志などを通達しておりましたが,その内容を踏まえ、本部承認が現在、米国・アイオワ州開催中のITF2018において発表されました。

全国からプロ・アマチュアの垣根を越えた、本当にたくさんのみなさまのご支援を、パスのご購入に始まり、ご寄付、チラシ配布や記事のシェアや口コミ、そして直接の応援メッセージにいたるまで3月の発表から3ヵ月半の短期間にもかかわらず、力強い応援をたくさん、本当にありがとうございました!

これから2年間の準備をみなさまのご期待に応えるようITFの本番期間だけでなく、それに向かっての日々を少しずつ盛り上げていきたいと考えています。ぜひ引き続きの応援、ご協力をよろしくお願いいたします

☆【支援特典つきパスの追加販売】も、特別に【2018年8月末まで】行っております。この機会をお見逃しなく、ぜひ公式ショップからお求め下さい。


関西トロンボーン協会会長 
呉信一氏
日本トロンボーン協会会長 
井上順平氏

お二人のITF2020Japan
質問ライブ動画です!!

クリックで視聴

イアン・バウスフィールド氏
元ウィーンフィル首席奏者
ベルン芸術大学教授からの
ITF2020Japan実現プロジェクトへの
応援メッセージです!
字幕付


 東日本大震災におきまして、被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申しあげるとともに、犠牲になられた方々とご遺族の皆様に対し、深くお悔やみを申しあげます。

 皆様ならびにご関係の方々のご状況を心配し、心を痛めております。被災された地域の皆様の安全と、一日も早い復旧を衷心よりお祈り申し上げます。

"A SONG FOR JAPAN"
by trombonists
from all over the world
http://www.trombones.jp/


過去のASFJはこちら>>>

ツイッターで最新情報配信中
ユーザー名:japantrombone
フォローお待ちしております