Top > 出演者 > 清水真弓

updated  2018-08-09

清水 真弓

Msyumi SHIMIZU

 南西ドイツ放送交響楽団(フライブルク、シュトゥットガルト)首席トロンボーン奏者。ライプツィヒ音楽大学講師。 

 神奈川県に生まれる。10歳よりトロンボーンを始め、慶應義塾大学理工学部物理情報工学科卒業後、フライブルク音楽大学(ドイツ)、ベルン芸術大学(スイス)にてブラニミール・スローカーに師事。在学時にベルリン・フィルハーモニー管弦楽団「カラヤン・アカデミー」に所属、首席奏者クリストハルト・ゲスリングに師事。

 09年オーストリア、リンツ・ブルックナー管弦楽団に首席トロンボーン奏者として就任、12年南西ドイツ放送交響楽団に移籍。トロンボーン独奏では、グダニスク国際金管楽器コンクールにて第1位受賞をはじめ、数々の国内外コンクールで受賞。数々のソロリサイタルを行い、好評を得る。

 さらにレパートリーを広げるべく、14年よりバーゼル・スコラ・カントルムにて、古楽・サックバットをシャルル・トゥートに師事、16年修士課程修了。同時に作曲家との新作委嘱、初演など、現代曲にも積極的に取り組む。

 室内楽活動としては、スローカー・トロンボーン四重奏団メンバーとして活動するほか、14年に8人のトロンボーン奏者による「スライド・ジャパン」を結成。

 オーケストラ活動としてはこれまで、べルリン・フィルハーモニー管弦楽団、サイトウ・キネン・オーケストラ、バッハ・コレギウム・ジャパンなどで演奏。また、宮城県名取市文化会館では「清水真弓とヨーロッパの音楽家たち」シリーズをプロデュースするなど、演奏会だけでなくトロンボーンと音楽を通じて地域交流、様々なアプローチでの教育活動なども行う。
 
 15年にはファースト・アルバム「ファンタジー」をリリース。朝日新聞特選盤、レコード芸術特選盤、クラシックCDアワード2015第1位、CDショップ大賞を受賞と、トロンボーンのCDとしては異例の4冠を達成。ほか、室内楽作品として16年にはトリオ「トリロジー」17年にカルテット「レジェンド」をリリース。

公式ウェブサイト http://www.mayumi-shimizu.com