Top > 主催イベント > 一般の部コンペティション > 過去のコンペティション一般の部

updated   2017-04-22

日本トロンボーンコンペティション
<一般の部/独奏部門>

Japanese trombone competition

■ コンペティション 一般の部とは?

日本トロンボーン協会ではトロンボーン音楽振興を目的として、どなたでも参加できる「一般の部」を2014年から開催します。参加資格はトロンボーンが吹ける事のみです。年齢制限等一切ありません。親子で参加も可能です。

2016年 第3回トロンボーンコンペティション<一般の部/独奏部門>

第1位 茂木光伸(東京都) pf. 川村紀子
 ヨハン ネポムーク フンメル:導入、主題と変装
  Johann Nepomuk Hummel:Introduktion, Thema und Variationen

第2位 岡田大和(東京都) pf. 城綾乃
 トム リッター ジョージ:バストロンボーン協奏曲
  Tom Ritter George:Concerto for bass trombone and orchestra

第3位 佐藤晴香(千葉県) pf. 小池紗季
 アンリ トマジ:トロンボーン協奏曲第一楽章
  Henri Tomasi:Concerto

奨励賞 縄田 桃奈(東京都) pf. 菊池愛奈
 エリック エワイゼン:ソナタ 第三楽章
  E.Ewazen:Sonata for Trombone and piano

第1位 茂木光伸(東京都)
 ヨハン ネポムーク フンメル:導入、主題と変装
1.jpg
 この度は第3回日本トロンボーン・コンペティション一般の部に1位入賞という栄誉をいただき、誠にありがとうございます。一般部門は自由曲での参加ということでしたので、自分の個性を活かせる曲をと思い、アルトトロンボーンでエントリー致しました。

 特に今回演奏したフンメルの導入、主題と変奏は、あこがれのブラニミール・スローカー先生に師事をするきっかけとなった曲ですので、是非ともコンクールという場で演奏したいと思い、選曲致しました。
 結果、一位入賞という最高の評価をいただき、大変光栄に思います。
 今後も自分の個性を大切に、演奏活動を続けていきたいと思います。

茂木光伸(東京都)

第2位 岡田大和(東京都)
 トム リッター ジョージ:バストロンボーン協奏曲
2.jpg
 この度は第2位をいただき、誠にありがとうございます。
 とても嬉しく思うと共に、この賞に恥じない演奏をこれから続けて、より一層精進して参りたいと思います。

 学生時代にも日本トロンボーンコンペティションに参加させていただいた事がありますが、当時奨励賞という結果に終わってしまった過去があります。嬉しい反面、悔しい結果に終わり自分の音楽はここまでなのかととても悩んだ時期がありました。
 ですが沢山の先生方のご講評、先輩方からのアドバイスで自分がこれから何をしたいのか、音楽で何をしたいのか、なにを音楽で与えたいのかを考えさせられ、その時期から、いろんな経験をさせて頂き、今回の結果につながったと思います。
 音楽には色々なジャンルがあり、色々な生き方もある。

 楽器を吹くという事だけでも色々な現場があり、沢山の経験もあります。ソロやオーケストラ、吹奏楽にアンサンブル、しかも時代も様々です。
 それぞれに表現方法や特徴があり、音楽家として音楽を表現する身として多くを考えさせられる期間を経て今回このような評価をいただき光栄に思います。
 今後もこの経験を踏まえ音楽家として様々な発展を遂げたいと思います。
 ありがとうございました。

岡田大和(東京都)

第3位 佐藤晴香(千葉県)
 アンリ トマジ:トロンボーン協奏曲第一楽章
3.jpg
 この度はこんなにも素敵な賞を頂き、とても光栄に思います。

 私がこうしてコンクールに出れたのは色んな人の支えがあったからです。教えてくださった先生をはじめ色々アドバイスをくれる友人、審査をして下さった先生方、一緒に音楽を作ってくれた伴奏者、そして何よりも誰よりも支え応援してくれた家族の存在があったからこそ、このコンクールに出られ、素敵な賞を頂けることが出来ました。

 私は今回のコンペティションで様々な事を学びました。その事をこれからのトロンボーン生活に活かし支えてくださった皆様に少しずつ恩返しが出来るよう頑張っていきたいと思います。 

佐藤晴香(千葉県)

all.jpg
集合写真(同日開催された学生部門参加者も含む)

副賞として
第1位 スペースDoリサイタル権 (管楽器専門店 ダク
第2位 AMREIN (アムライン) バストロンボーンミュート(日本トロンボーン協会)
第3位 RGC テナーバストロンボーン用ミュート チェリーウッドストレート(日本トロンボーン協会)

15151157_989140134523787_560259703_n.jpg
AMREIN (アムライン) バストロンボーンミュート
ドイツ製
定価 ¥36,720 ダクでの販売価格 ¥25,920

写真奥左より、
バストロンボーン、テナーバストロンボーン、ホルン用
写真手前左より、
ピッコロTP、B♭トランペット用

参考、テナーバスTB用 価格
定価¥32,400 ダクでの販売価格 ¥25,920

籐(ラタン)製のユニークなミュートです。
軽やかで暖かいサウンド。低音域から、高温域まで、音色・ピッチともに安定感があります。



15139319_989139211190546_2104179047_n.jpg
RGC テナーバストロンボーン用ミュート チェリーウッドストレート
定価¥19,008 ダクでの販売価格 ¥15,206

スペイン、バレンシア発のハンドメイドミュートです。
チェリーウッドを原材料としてまして、他の金属製ミュートでは真似出来ないサウンドです。抜けがよく、ミュートらしい明るい音色です。
※ダクでは、欠品しており只今入荷待ちとなっております。

【主催】
日本トロンボーン協会

【日時】
2016年11月20日(日)午後12時~

【会場】
管楽器専門店 ダク スペースDO(ドゥ)
( 東京都新宿区百人町2-8-9 JR 山手線・新大久保駅下車)

入場料( 各日):一般¥1,000・会員無料

このコンクールは、日本のトロンボーン音楽振興と優秀な人材発掘のために
日本トロンボーン協会が主催いたします。

【協力】
株式会社ダク・日本トロンボーン学生連盟

【審査員長】 
三 輪 純 生

【審査員】   
伊藤清  伊波睦  井上順平  小野隆洋  岸名和巳
郡恭一郎  首藤健一  西岡基  沼田司  村上準一郎


【参加資格】  
日本トロンボーン協会( 東京本部または地方支部) の会員であること。
年齢・出身地・在住地を問わない( 非会員は、参加申込と同時に入会となります)

【演奏曲目】  
自由曲( 任意の10 分以内の曲)
( なお、審査の都合上、当日演奏の一部をカットさせていただく場合がございます)

【伴奏者】
コンクール審査におけるピアノ伴奏者は参加者が同伴すること。
なお、同伴する伴奏者の経費は参加者負担とする。

【審査方法】 
上記のトロンボーン専門家による厳正なる審査の上、入賞者を決定して
表彰を行う。
また入賞者の中から特に優秀と認められた上位入賞者の方には
今後当協会が主催する行事等において招待演奏を依頼します。

【募集人員】 
25 名(申込受付 先着順)

【応募締切】 
2016 年10 月20 日必着(但し、定員になり次第、締め切ります)

【参加料】  
会員 20,000 円  非会員 25,000 円 (参加受付と同時に会員となります)
下記口座に申込み後、3日以内にお振込みください(振込手数料は各自ご負担ください)
 三菱東京UFJ 銀行 都立大学駅前支店(店番111)普通口座1096440
 口座名 日本トロンボーン協会 学生音楽コンクール事務局

【参加申込】
インターネットによる申込み
(下記口座に申込み後、3日以内にお振込みください(振込手数料は各自ご負担ください)
三菱東京 UFJ 銀行 都立大学駅前支店(店番 111)
普通口座 1096440 口座名 日本トロンボーン協会 学生音楽コンクール事務局

【その他】   
①審査演奏順は協会にてランダムに決定します。参加者個々のご希望には応じられません。
②伴奏者は、参加者本人でご手配ください。
③審査日当日の集合時間等に付いては、2016 年11月2日の発送を持って郵送にて通知します。
④審査当日の集合室へは、参加者ご本人と伴奏者以外の方の入室はできません。
  また、保護者の方・付き添いの方の控え室の準備はありませんのでご了承ください。
⑤一旦送付された申込書、および参加料は、いかなる理由でも返還できませんのでご了承ください。


過去の入賞者>>>

2015年 第2回トロンボーンコンペティション<一般の部/独奏部門>

第1位 築舘 恒(青森県)
     JOSEPH JONGEN:ARIA AND POLONAISE
第2位 早乙女 晃崇(山形県)
     Henri Tomasi:Concerto
第3位 生稲 雅威(埼玉県)
     Jean-Michel Defaye:Concerto
奨励賞 中村 博道(東京都)
     R.Boutry:CAPRICCIO

第1位 築舘 恒(青森県)
 JOSEPH JONGEN ARIA AND POLONAISE
tsukidate.jpg
 この度は、第2回日本トロンボーンコンペティション一般の部独奏部門に於いて第1位を頂戴することができ、とても嬉しく思っております。

 まず、一般の部、学生の部と、一日中審査をしてくださった諸先生方、私たちが安心して演奏に集中できるように進行してくださった実行委員の方々に感謝いたします。
 ありがとうございました。

 私がこのコンペティションに参加しようと思ったのは、多くの審査員の先生方に自分の演奏を聴いていただき、今後の演奏の糧にしたかったからです。ですから先生方から頂いた講評用紙は私の宝物です。
 また、当日のレセプションでは直接お話を伺い、「もっとたくさんの色(音色)を身につけなさい」「もう少し明るい音色で演奏する部分があっても良いのでは」など、貴重なアドヴァイスを頂戴することができました。

 最後になりますが、進歩が遅い私に根気強く教えてくださり、今でもレッスンをしてくださる2人の師匠(最近はお酒のレッスンの方が多いですが…)、素晴らしい演奏で私を支えてくれるピアニスト、そして私の演奏活動を理解し、協力してくれる妻に感謝し、今後も精進してまいります。

   築舘 恒

第2位 早乙女 晃崇(山形県)
 Henri Tomasi Concerto pour Trombone et Orchestra Mov.1
saotome.jpg
 この度は第2位を受賞させて頂き、誠にありがとうございました。
今回のコンペディションは本当に勉強会のような感覚で受けさせて頂きました。著名な先生方が一同に10名以上もいらっしゃり、講評を伺えるのは私はこのコンペディション以外には知りませんでした。確実にステップアップに繋がることは間違いありません。これをご覧になっているトロンボーンをやっていらっしゃる方は是非次回受験される事を強くお勧めさせて頂きます。

 実は恥ずかしながらこれまで15年間の管楽器人生でコンクールやオーディション等は幾つも受けてきましたが、コンペディションという講評を伺うことの出来る演奏会は今まで出場した事がなく、表彰式の際に名前を呼んで頂いた時には本当に驚いてしまいました。まさに今も頂いた賞状を眺め、受賞させて頂いた事を再認識しているところです。

 ご指導頂いた先生方、伴奏者、協力して下さった方々、あの辛い時に励ましてくれた皆様。
 今回の結果は皆様のお陰だと確信しております。この場をお借りして今一度厚く御礼申し上げます。

 この度は誠にありがとうございました。

早乙女晃崇

第3位 生稲 雅威(埼玉県)
 Jean-Michel Defaye Concerto
ikuina.jpg

この度賞を頂けたことについて、これまで積み上げてきたものが評価をされたということで、嬉しく思っています。その一方で、本業多忙により直前3か月間は殆ど曲の練習が出来ず、本番の演奏も納得のいく内容ではありませんでした。この点についてはとても悔しかったので、またチャレンジしたいです。

 クラシックのトロンボーンをやっている方の多くが、オーケストラや吹奏楽をメインに活動していますが、それだけでは旋律を吹く機会が他の楽器に比べて圧倒的に少ないです。せっかく楽器をやっているのですから、こういったイベントをきっかけにソロやアンサンブルに取り組む人が増えると良いと思います。

生稲 雅威

【主 催】日本トロンボーン協会

【協力】管楽器専門店ダク・日本トロンボーン学生連盟

【日時】 2015 年11月15日(日)午前10時~

【会場】
管楽器専門店 ダク スペース DO(ドゥ)
東京都新宿区百人町 2-8-9 JR 山手線・新大久保駅下車
アクセス


【審査員長】 
三輪純生

【審査員】(敬称略 五十音順)
伊藤清 伊波睦 井上順平 今井順夫 上原規照 小野隆洋
亀谷彰一 岸名和巳 郡恭一郎 新立憲一 首藤健一 西岡基
長谷川博亮 宮下宣子 沼田司 村上準一郎

sinnsainn.jpg
審査員と役員

DSC_2294.JPG
恒例の全員写真(学生コンクールも含む)


【参加資格】
日本トロンボーン協会 ( 東京本部または地方支部 ) の会員であること。
年齢・出身地・在住地を問わない(非会員は、参加申込みと同時に入会可)


【演奏曲目】
自由曲 ( 任意の 10 分以内の曲 )
なお、審査の都合上、当日演奏の一部をカットさせていただく場合がございます

【伴奏者】
コンクール審査におけるピアノ伴奏者は参加者が同伴すること。 なお、同伴する伴奏者の経費は参加者負担とする。

【審査方法】
上記のトロンボーン専門家による厳正なる審査の上、入賞者を決定して表彰を行う。
また入賞者の中から特に優秀と認められた上位入賞者の方には
今後当協会が主催する行事等において招待演奏を依頼します。

【募集人員】
25 名(申込受付 先着順)

【応募締め切り】
2015年10月15日必着(但し、定員になり次第、締め切ります)
締め切り後に受験票等必要書類を郵送致します。

【参加料】
会員 20,000 円
非会員 25,000 円 (参加受付と同時に会員となります)

(下記口座に申込み後、3日以内にお振込みください(振込手数料は各自ご負担ください)
三菱東京 UFJ 銀行 都立大学駅前支店(店番 111)
普通口座 1096440 口座名 日本トロンボーン協会 学生音楽コンクール事務局
申込書のダウンロード pdfファイル 431kb

ippan.jpg【参加申込】
原則パソコンまたは携帯電話による申込み
ただし、インターネットによる申込みが困難な場合には郵送にて受け付けます

PC・スマホ共用フォームURL http://ws.formzu.net/fgen/S87046705/
スマホ専用フォームURL http://ws.formzu.net/sfgen/S87046705/

【コンペティションは公開です。(有料)】
コンペティションは公開しております。 
お聴きになりたい方は、コンペティション当日に会場受付にて入場券を販売いたします。
※参加者の保護者の方・付き添いの方も、入場の際には入場券をご購入していたくだ必要があります。

【入場料】
一般:1,000円   
トロンボーン協会会員:無料

【その他】
①審査演奏順は協会にてランダムに決定します。参加者個々のご希望には応じられません。
②伴奏者は、参加者本人でご手配ください。
③審査日当日の集合時間等に付いては、2015年10月30日(金)の発送を持って郵送にて通知します。
④審査当日の集合室へは、参加者ご本人と伴奏者以外の方の入室はできません。
 また、保護者の方・付き添いの方の控え室の準備はありませんのでご了承ください。
⑤一旦送付された申込書、および参加料は、いかなる理由でも返還できませんのでご了承ください。

【応募・問合せ】
〒754-0002 山口県山口市小郡下郷 3151-2 小野隆洋
TEL 083-976-8895 FAX 083-976-8896 (8:00~21:00 まで)
E-mail:TrombONO@aol.com
申込みは原則インターネットの申し込みとします。
ただし、インターネットによる申込みが困難な場合には郵送にて受け付けます。Fax は不可。

過去のコンペティション記録

2014年 第1回トロンボーンコンペティション<一般の部/独奏部門>

第1位 寺本 昌弘(熊本県)
       J.MDefaye/Deux Danses
第2位 宮林 英介(沖縄県)
       J.M.Defaye/Movement
第3位 新山 久志(東京都)
       J.g.Ropartz/Piece for Trombone and Piano
奨励賞 住谷 哲世(神奈川県)
       A.Lebedev/Concerto in one movment

D7K_6576.jpg第1位 寺本 昌弘(熊本県)
J.MDefaye/Deux Danses

 中学校の吹奏楽部でチューバを吹き始め、大学で工学部に入学すると同時にトロンボーンに転向して30年、人生初のコンペティションで良い結果を得られてとても嬉しいです。

 今回の出場は以前レッスンをしていただいた先生のすすめによるものでしたが、どんな腕利きが何人集まるのか想像を巡らすうちに「賞を取りに行くのはやめよう」と考えるようになりました。
 そこで選んだのが大好きなJ.M.DefayeのDeux Danses。自分の中でのテーマは”1曲だけのリサイタル”です。
 本番の演奏が終わり、会場からとても大きな拍手をいただけたことで「音楽は悪くなかったんだな!」という感触は得ていましたが、表彰式で最後に自分の名前が呼ばれたあとでも第1位を信じるのには時間がかかりました。

 この賞はいつも私の活動に理解と惜しみない協力を示してくれる妻に捧げたいと思います。

 これからも”兼業音楽家”として聴き手に良い音楽が届けられるよう頑張っていきます。

寺本 昌弘(熊本県)

D7K_6603.jpg第2位 宮林 英介(沖縄県)
J.M.Defaye/Movement

 この度は第2位をいただき、誠にありがとうございます。
 とても光栄に思うと共に、これからこの賞に恥じない演奏を心がけて、より一層精進して参りたいと思います。

 さて、実は僕は高校生の時に2度、日本トロンボーンコンペティションに参加させていただいた事があります。当時の結果は、2回とも本選に進む事が出来ませんでした。

 自分にとって2度目のコンペティション後のレセプションで、審査員をされていた白石直之先生と萩谷克己先生のお二人から、「君はまだマラソンで言ったらスタートしてほんの数メートルしか進んでないんだから、この結果だけで落ち込んだりする必要はないんだよ。」とお声を掛けていただき、とても励みになった事を強くに覚えています。

 あれから、色々な経験をさせていただき、たくさんの方々に助けていただいたりして今の自分がいますが、では一体、果たして先生方が仰ったマラソンの何キロ地点にいるのか、ゴールまであとどれくらいなのか、全くわかりません。一緒に走ってきた仲間の中には、様々なジャンルで活躍している人、プロになった人、アマチュアの楽団で趣味として吹いている人、もちろんトロンボーンから距離を置いてしまった人も少なくありません。ですが、僕自身、これからも前をしっかり向いて、一生懸命練習に励み、時には給水したり周りの景色を楽しみながら、日々精進してトロンボーンのマラソン大会を走っていきたいと思います。
 ありがとうございました。

宮林 英介(沖縄県)

D7K_6594.jpg第3位 新山 久志(東京都)
J.g.Ropartz/Piece for Trombone and Piano

 この度は、記念すべき第一回のトロンボーンコンペティション一般の部におきまして、3位に入賞させていただき、ありがとうございます。
 普段の演奏活動では、このようなクラシックのトロンボーンソロの作品を、大勢の人の前で演奏する機会はなかなかありません。その上、多くの先生方より講評もいただき、得難い経験となる機会を与えて下さったことに、とても感謝しています。
 また、演奏だけでなく、その後の懇親会も通して、普段お会いすることのない方々とお
話できたことも、素晴らしいことでした。
 このコンペティションの一般の部が今後も開催され、長く続いていくことを願います。

新山 久志(東京都)


【主 催】日本トロンボーン協会

【協力】株式会社ダク・日本トロンボーン学生連盟

【日時】 2014 年11月16日(日)午前10時~

【会場】
管楽器専門店 ダク スペース DO(ドゥ)
東京都新宿区百人町 2-8-9 JR 山手線・新大久保駅下車
アクセス

第1位にはダク賞として全商品30割引券(一部商品を除く)
希望すればDoソロリサイタル開催会場提供利用券(有効期限1年以内)

【審査委員長】
三輪純生

【審査員】(敬称略 五十音順)
伊藤 清 井上順平 小野隆洋 亀谷彰一 岸名和巳 
郡恭一郎 西岡基 沼田司 長谷川博亮 宮下宣子 
D7K_6671.jpg
【参加資格】
日本トロンボーン協会 ( 東京本部または地方支部 ) の会員であること。
年齢・出身地・在住地を問わない(非会員は、参加申込みと同時に入会可)

【曲目】
自由曲 ( 任意の 10 分以内の曲 )
なお、審査の都合上、当日演奏の一部をカットさせていただく場合がございます

【審査方法】
上記のトロンボーン専門家による厳正なる審査の上、入賞者を決定して表彰を行う。
また入賞者の中から特に優秀と認められた上位入賞者の方には
今後当協会が主催する行事等において招待演奏を依頼します。

【募集人員】
25 名(申込受付 先着順)

【応募締め切り】
2014 年 10 月 16 日必着(但し、定員になり次第、締め切ります)
締め切り後に受験票等必要書類を郵送致します。

【参加料】
会員 20,000 円
非会員 25,000 円 (参加受付と同時に会員となります)

(下記口座に申込み後、3日以内にお振込みください(振込手数料は各自ご負担ください)
三菱東京 UFJ 銀行 都立大学駅前支店(店番 111)
普通口座 1096440 口座名 日本トロンボーン協会 学生音楽コンクール事務局
申し込み用紙のダウンロード pdfファイル 455kb

ippan.jpg【参加申込】
原則パソコンまたは携帯電話による申込み
ただし、インターネットによる申込みが困難な場合には郵送にて受け付けます

PC・スマホ共用フォームURL http://ws.formzu.net/fgen/S87046705/
スマホ専用フォームURL http://ws.formzu.net/sfgen/S87046705/

【コンペティションは公開です。(有料)】
コンペティションは公開しております。 
お聴きになりたい方は、コンペティション当日に会場受付にて入場券を販売いたします。
※参加者の保護者の方・付き添いの方も、入場の際には入場券をご購入していたくだ必要があります。

【入場料】
一般:1,000円   
トロンボーン協会会員:無料

【応募・問合せ】
〒754-0002 山口県山口市小郡下郷 3151-2 小野隆洋
TEL 083-976-8895 FAX 083-976-8896 (8:00~21:00 まで)
E-mail::TrombONO@aol.com
申込みは原則インターネットの申し込みとします。
ただし、インターネットによる申込みが困難な場合には郵送にて受け付けます。Fax は不可。